2008年07月14日

ロマンティック街道〜ヴュルツブルク(2)

レジデンツを後にしてマイン川へ向かおう。
すると正面に大聖堂が見えてきた。

Kiliansdom

ヴュルツブルクは教会が多い街だ。
ロマネスク様式のこの大聖堂は正式には「聖キリアン大聖堂」と呼ばれ、ヴュルツブルクの教会群の中でもひときわ大きい。


重厚な造りのエントランス。

上を見上げると様々な装飾が施されているが、中でもひときわ目を引くのが「ガイコツ」

このガイコツが何を意味するのか・・・。
いろいろ調べてみたが分からなかった。


大聖堂のモデル。全体はこんな感じの建物だ。
とにかく大きい。

大聖堂からマイン川の方へと向かう。


石畳が敷かれた繁華街にはトラムが走っている。


夕陽に染まる大聖堂とトラム。


市庁舎"Rathaus"
ここの壁にもからくり時計があった。


市庁舎前の噴水。
後ろの重厚な建物は"Dresdner Bank"
ドレスナー銀行はドイツの3大銀行の一角を成す銀行だ。
この記事へのコメント
ヴュルツブルクは素晴らしい街でしたね。駆け込みながら行って良かったです^^
ドムの骸骨には気が付きませんでした〜レントゲンにちなんでですかね(爆)
Posted by Cedar-Jet at 2010年04月12日 22:06
まったく駆け込みもいいところでしたが、もっとゆっくりしてみたい街でした。

レントゲンですか・・・なるほど(笑)

レントゲンといえば"骨ですもんね。
しかしレントゲンが生まれる遙か前からドムはありそうですね!?(爆)
Posted by amiri-one at 2010年04月13日 20:24

画像いただきます^^
Posted by mia at 2012年03月03日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37045836

この記事へのトラックバック