2014年08月31日

夏のおわり。

IMG_20140902_173408.jpg

思えば学生の頃、夏休みの最後の日はとてつもなく嫌いだった。

それは単純に夏休みが終わってしまうという悲しさもあるのだけれど

なんというか季節が秋から冬へと向かっていく感じ。
下り坂に入ってしまった感じ。
そういう感情があった。

昔から、Tシャツ短パンでヒョイと出かけられる夏が大好きで
いちいち何重にも服やコートや手袋をして出かけなければならない冬が嫌いだった。

けれど、冬の夜明け前のピンと張りつめた空気感も大好きだったので
冬が嫌いというより単に服を着るのが面倒だっただけなのかもしれないが(笑)


今夜も涼しい。

8月が終わりを告げ、夏が足早に過ぎ去っていく

さぁ、Summer Partyもおしまいだ

楽しかったたくさんの想い出たちを胸に刻んで新しい季節を迎えよう。
posted by mistral at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery

2010年11月07日

流れ星☆

夜のとばりが降りてあたりはいっきに暗くなった。

山の向こう側にはおそらく街があるのだろう。

その街の明かりが山の稜線をくっきりと浮かび上がらせている。

空を見上げれば漆黒の闇が広がっていた。


すると、そこへひときわ明るい光を放つ一筋の光が・・・。



「流れ星」だった。

たくさんの人を乗せて空港へと降りていく「流れ星」

暗くて寒くて・・・山中でひとり震える心に、一筋の光を照らしてくれた「流れ星」だった。
posted by mistral at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Scenery

2009年08月26日

The Sky


スポッターは夕方も遅い(笑)
日が暮れるまでは・・・やはり帰れない。

今日もいい一日だった。おつかれさま
posted by mistral at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery

2009年08月21日

The Sky


スポッターの朝は早い。
東の空から眩いばかりの朝日が立ち上る。

今日もいい一日になりそうだ。
posted by mistral at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery

2009年01月12日

Paris la nuit

paris_street.JPG
気温は零下3℃。
凍てつくパリの夜にナトリウム光が鈍く光っていた。
posted by mistral at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Scenery

2009年01月10日

スペインの石畳


雨上がりの石畳が鈍く光っていた。
その何げない光景に私は言葉が見つからなかった・・・
posted by mistral at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery

2008年07月12日

ブラチスラヴァの夜


週末。
深夜まで騒いでいた東欧の酔っぱらいたちも静かになり、淡い光と静寂だけがブラチスラヴァの夜を支配した。
posted by mistral at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery

2007年07月09日

Amsterdam Schiphol

まるで創ったかのような素晴らしい情景。
そこにあるのは麦畑とポプラ並木と青空だけ。

ams_popla.jpg

アムスには本当にフェンスがなかった・・・
posted by mistral at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery

2007年05月27日

The Sky

今日も暑かった・・・。

さぁ、夏の日の終わりを告げるサンセットショーが始まる。

posted by mistral at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery

2007年02月11日

The Sky



ジリジリと照りつける南の島の大陽は、その真っ青な海から上昇気流をつくって刻一刻とその姿を変える素晴らしいオブジェを形作った。

しかしそれは、私に魅入るスキも与えずその風向きを変えた。

間もなく容赦なく叩きつけてくるだろう。まるで見る者を拒むかのように・・・
posted by mistral at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Scenery