2014年11月20日

SKYWARD

昨日友人からSKYWARD 11月号をいただいた。
2014-11-19 21.13.15.jpg
SKYWARDはご存じJALの機内誌。


2014-11-19 21.14.09.jpg
国際線搭載誌と国内線搭載誌では裏面が違います。


2014-11-19 21.27.24.jpg
国際線搭載誌は裏面から読む形になっており記事も英語と中国語です。
日本語記事は一見すると同じような気がしますが正確なところは不明(笑)


なぜこれが欲しかったかというと・・・。





2014-11-19 21.15.26.jpg
相葉雅紀さんの特集(笑)


はい。うちのかみさんがファンなもので何とかして手に入れろと・・・。
しかも国際線・国内線の両方・・・。
難儀な注文でしたが期待に応えられて良かったです(笑)

○○さん、ありがとう♪
posted by mistral at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2013年04月06日

1ルーブルの航空会社

昨年暮れにブヌコボでおきた墜落事故により、当局から飛行停止処分を受けていたロシアのレッドウイングス。

同社のオーナーであるロシアの大富豪アレクサンドル・レベジェフ氏は4日、同社を1ルーブルで売却すると発表した。

かつてはサッカーのロシア代表チームも利用していたチャーターの名門だが、
1ルーブルで取得した新会社は果たして華麗なる復活を遂げることが出来るのだろうか・・・。


Red Wings Tupolev Tu-204-100B/E (RA-64046)


Red Wings Tupolev Tu-204-100B/E (RA-64050) サッカーロシア代表チームロゴ
posted by mistral at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2012年08月14日

WIND JET 運航停止

イタリアのLCC WindJetが経営破綻し、およそ30万席の予約が宙に浮く状態になりそうだと報道している。


A320-232 (EI-CUM)

WindJetはシチリア島カターニア・フォンターナロッサ空港をハブに運航している格安系航空会社。
バカンスシーズン真っ只中のイタリアでは、チャーター便も最盛期。
リゾート地でバカンスを楽しんでいた人々の中には、帰りの足が突然なくなって真っ青になっている人もいるかもしれない。


日本では今年になってPeach、Air Aisa、Jet★などのLCCが相次いで路線開設し、マスコミに「LCC元年」などともてはやされブームになっているようである。

相変わらず軽薄な日本の報道機関は、可愛いリポーターを就航初日に取材に行かせ、大手と違うのはドリンク類が有料であるとか、座席の間隔が狭いとか、就航している空港が成田とかでちょっと不便だけど、この安さと引き替えるなら機内サービスなんていらない!絶対オトク!などと声高にレポートさせている。


私は過去に数度欧米のLCCを利用したが、その半数以上の高い確率で遅延または欠航を経験した。

余裕(LCC流にいうとムダ?)のない機材廻し。
余裕(LCC流にいうとムダ?)のないターンラウンド時間。

これらが組み合わさり、少しの機材トラブルや悪天候などのイレギュラーが起これば、たちまち機材が廻せなくなるのは至極当然のことであり容易に想像がつく。

そしてLCCキャリアの多くはそれらを免責条項として、代替他社便の手配や遅延を待っている間の食事代、宿泊代は保証しないこととしている。

LCCを語る上で座席が狭いとかコーヒーが出ないとかいうことは実はどうでもいい話で、こういった目に見えにくいリスクを利用者は知らずに了承した上で安い運賃のLCCを利用しているということをもっときちんと知らなくてはいけない。
報道機関は、くだらないレポートをするヒマがあったら、利用者にあまり周知されていないこのような情報こそをもっと正確に伝えなくてはいけない。

そんなことを改めて考えされられた今回の事件だった。
posted by mistral at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2012年03月17日

日本海

今朝の新聞にJR東日本の全面広告があった。

内容は今日3/17にダイヤ改正するとのこと。

もっぱら新幹線の増発やらの華やかなニュースが紙面を飾っていたが、

端の方にひっそりと「寝台特急日本海と寝台急行きたぐには運転取りやめ」との記事があった。

老舗寝台特急日本海の廃止により、これで残るブルトレは「北斗星」と「あけぼの」だけとなった。

まぁ「あけぼの」が残ったことはある意味奇跡に近いのだが・・・(苦笑)



こんなことをいうとまた「昭和が昔を懐かしんでる」と言われそうだが、

ニッポンの一時代を築いた「ブルートレイン」がまたひとつ消えると思うと寂しい限りだ。

インターネットの普及に伴って時代はスピードを求めていることはよく理解している。

経過よりもすぐに結果を求められる時代。

しかし一方で、現代の人たちはそんな時代に疲れてきているように見える。

「スローライフ」やら「癒し」やらの言葉をよく耳にするようになった。

一分一秒でも早く到着する「最速の新幹線に乗って」

「流行のパワースポットで癒しの時間をのんびりと過ごす」

そしてまた「最速の新幹線に乗って」一刻も早く帰宅する。

そんなツアーが売れているようだ。

私には、健康のために近所のジムへランニングしに行く人が、

そのジムまでの短い距離をマイカーで行くのと同じくらい滑稽なことに見えて仕方がない。

現代を生きる人々は、そんなに生き急いでいったい何と戦っているのだろうか・・・。
posted by mistral at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2009年09月11日

SkyEurope Forever

8/31をもってスロバキアのスカイヨーロッパが運航停止した。

直接の引き金はハブだったVIEへの施設使用料の不払い。
VIEから最後通告を受けたものの、期限までに弁済出来ずVIE側は乗り入れ禁止処分に踏み切る。
出発後、他国から帰れなくなったNE便はやむなく目的地をBTS(ブラチスラヴァ)へ変更し帰国?したもののその後破産・・・。

残念です。

posted by mistral at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2007年09月07日

PEK/ZBAA

ある意味で管制塔は空港で一番目立つ存在。
故に広告は効果ありなのかも知れないけど、不思議と他国では見たことがない。

Beijing Capital.China
posted by mistral at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2007年04月07日

ぱそこん

昨夜の今ごろ、何気なくPCをつけていたら突如PCがくたばった・・・。

それは何の前触れもなくいきなりだったが、画面は意味不明の表示になり、マウスやキーボードの入力を一切拒絶している。

仕方なく「強制電源OFF」にしたんだけど、以来、Windowsさえ起動しない・・・(汗)

もはやケータイとPCが無いと生きていけない体になってしまっていることに気付くと同時に、たった1日で禁断症状が出てきたので、急遽、古〜いPCを引きずり出して来た。

ホンの少し(数年)前なのに、こんなに遅くてイライラするマシンでも普通に使っていたとは(笑)
遅くても使えるだけでありがたいと感じる。

当時の"お気に入り"を「なつかし〜」と、一通り見て回ったけど、ほとんどが閉鎖してた。

そう、この世界じゃ一年前でも「大昔」。。。
posted by mistral at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2006年09月29日

Donmuang Forever

2006年9月28日。01:45分発TG662便、上海行きを最後に永年慣れ親しんできたドンムアン空港がバンコク国際空港としての役目を終えた。
今まで何度と無く世話になったドンムアンの国際空港としての閉港に一抹の寂しさを感じざるを得ない。

BKKスポッターに愛された「味千ラーメン」がドンムアンのデッキにオープンしたのは意外と最近のことだけど、座席に座ってラーメン食いながらでも撮れる環境もあり、一気に不動の人気を勝ち取った(笑)





お馴染み「トムヤンクンラーメン」

同時に2006年9月28日03:00。バンコク新国際空港スワンナプームが正式開港。
敷地面積はドンムアンの5倍
2008年、高速鉄道開通予定
世界一の広さを誇るPTB
世界一の高さの管制塔
IATAコードBKKは引き継がれる。(ちなみにドンムアンはDMKに変更)ICAO.VTBS
R/Wは01R/19L&01L/19R

個人的には7階の展望デッキ環境と6階のレストラン街の環境及び店。とりわけ「味千」はあるのか・・・大いに気になる。
posted by mistral at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感