2008年02月11日

Paris (2)

ヨーロッパの街には必ずと言っていいほど、中心には教会があって、そのまわりには広場があるのが一般的。
その広場が住民にとって、とても大事なコミュニティの場になっているようです。


フランスの自動車と言えばPeugeotとRenaultだけど、今回のパリではやたらプジョーが目に付いた。

映画"Taxi"に出てきそうなプジョーのタクシー


パトカーもプジョー

Paris Rentacar.jpg
当然レンタカーもプジョー(笑)
見た瞬間、その色にブッ飛んだけど、走り出してみると意外と街に溶け込むあたりがさすがフランスのエスプリ。


CDG空港にはフランスの誇る高速列車"TGV"が乗り入れている。



客車内も雰囲気満点。


ブリュセルまで約300kmを約1時間40分
・・・と言うことは平均180km/hですね新幹線


看板もなんとなく洒落てます。
posted by mistral at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Feb. Madrid / Paris

2008年02月10日

Paris (1)

パリと言えばエッフェル塔。 やはり外せないひらめき
ということで、夕食をとる間を惜しんで、バス・列車を乗り継いで見にいった。

闇夜に浮かぶエッフェル塔は想像以上に美しく輝いていた。

La tour Eiffel ++世界遺産++
パリ万博に合わせて1889年に完成したエッフェル塔は高さ324mで東京タワーより8m低い。世界でも貴重な斜めに動く水圧式エレベーターが現在も稼働している。

エッフェル塔からほど近い"アンヴァリッド"
1671年にルイ14世が建設した兵士の病院だったが、のちに建てられたドーム型の教会にはフランスの英雄、ナポレオン1世が眠っている。

Saint Louis des Invalides church

これもパリの代名詞「凱旋門」
シャルル・ド・ゴール広場に位置する"門"だが、正式には"門"ではなく戦勝を記念した"記念碑"だそうだ。
間近に見る凱旋門は写真で見るより遙かに素晴らしかった。

Arc de triomphe de l'Etoile

凱旋門を撮影してふと後ろを振り返るとそこには・・・

カタール大使館
中東フェチとしてはこれも外せない。

凱旋門から世界で最も美しい通りと評されるシャンゼリゼ通りを散策してみた。
通りの両側にはきらめくフランスの有名ブランドが軒を連ねている。
目に飛び込んできたのは、日本で圧倒的信者数を誇る"ルイ・ヴィトン"の本店。

信者にとってはまさに聖地だろう・・・

にわかに辺りが騒々しくなってきた。シャンゼリゼ通りを行き交う車たちがけたたましくクラクションを鳴らしている。中には箱乗りして旗を棚引かせながら蛇行する車もいる。

「まさかパリのシャンゼリゼ通りで暴走族!?」

と不思議に思ってその旗をよく見てみると、それはなぜかエジプトの国旗だった。

あとで分かったことだが、この日はサッカーアフリカネイションズカップの決勝日でエジプトがカメルーンを破って6度目の優勝を決めた日だった。

暴走族まがいの走行でシャンゼリゼ通りに大渋滞を巻き起こす大量の車や、沿道を埋め尽くしたエジプト国旗を身に纏った若者達の大騒ぎぶりを、為す術なくただ黙って見守るパリ市警の警官達。

まさかこれほどまで多くのエジプト系住民がパリに居たとは・・・率直に驚きだった。


偶然だが、一昨年の英国遠征では滞在中のロンドン・ガトウィック空港のパブで2006年ワールドカップ決勝戦、ドイツ優勝の瞬間に立ち会った。

熱狂するそれぞれの国のサポーターを見ていると、つくづく世界のスタンダードはサッカーなんだと改めて感じる。
posted by mistral at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Feb. Madrid / Paris

世界遺産 Paris, rives de la Seine

花の都パリの中心を流れる「セーヌ川」
パリを語るには、このラ・セーヌ抜きでは語れない。

その美しい河岸や付近の建造物、セーヌ川に架かる橋とともに1991年、世界遺産に登録された。


[世界遺産]セーヌ川とエッフェル塔

セーヌ川には数多くの美しい橋がかかるが、中でもパリで最も美しいと言われているアレクサンドル3世橋はやはり群を抜いている。グラン・パレとのコラボが美しい。


"Le Grand Palais & Pont Alexandre V"
建造は1900年、アレクサンドル3世は当時のロシア皇帝の名前。
タグ:世界遺産
posted by mistral at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Feb. Madrid / Paris

L'Aéroport d'Orly Paris (ORY/LFPO)

パリは本来ならCDGが断然面白いのだけど、CDGは原則撮影禁止になってしまったことと、一度はORYに行かなくてはいけない宿命があったので・・・(笑)

で、宿命の機体はコレ。
F-OPTP 332.JPG
Air Caraibes A330-200 (F-OPTP)
自称エアバスA340&A330フリークの私的に、不動のNo.1 Air Tahiti Nuiに次ぐNo.2の座はコレです。

F-HLOV 744.JPG
Corsair B747-400 (F-HLOV)
BKKの常連だけど、相性悪く過去一度も撮影出来なかったコルス。
地元ORYでようやく捕まえることが出来た。

F-HAVN 752WL.JPG
L’AVION B757-200WL (F-HAVN)
パープルボディが一際目を引くラ・ヴィヨン。Paris-N.Y.のシャトル便運航をしている。

LN-KKT 733fleksible maten a reise.JPG
Norwegian Air Shuttle B737-300 (LN-KKT) fleksible maten a reise
尾翼シリーズがコレクター魂をくすぐるノルエジャン。
欧州でも撮りにくい会社なので、コンプするにはノルウェー行くしかない!?(笑)

TS-IEE 733.JPG
Karthago Airlines B737-300 (TS-IEE)
ORYは南方からの便が多く、特にモロッコやチュニジア・アルジェリアからの便は「これでもかっ」ってくらい来る。

CN-RPC 734.JPG
Jet4You B737-400 (CN-RPC)
"4=for"アフリカ人もこのテのダジャレは好きなんだろうか・・・

F-BTTJ Air Inter Dassault Mercure 100.JPG
Air Inter Dassault Mercure100 (F-BTTJ)
空港の片隅には往年の名機が飾られていた。
ダッソーメルキュール100 だいぶ剥げてるが、エールインテール塗装。

タグ:Spotting
posted by mistral at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Feb. Madrid / Paris

2008年02月08日

El Aeropuerto de Madrid Barajas (MAD/LEMD)

スペインはそのほとんどを植民地にしていた中南米とのつながりが依然として強く、現在もたくさんの中南米キャリアが乗り入れている。

TF-FIB 763.JPG
Santa Barbara Airlines B767-300ER (TF-FIB)
ベネズエラのサンタバーバラ。塗装から分かるようにアイスランドエアからのリース機。

N728CG 762 pasion.JPG
AVIANCA B767-200ER (N728CG)
コロンビアのアビアンカ。尾翼には"Colombia en pasion"のロゴが入っている。

LV-ALJ 744.JPG
AEROLINEAS ARGENTINAS B747-400 (LV-ALJ)
アルゼンチンは1日2便のダッシュ400で大量に客を送り込んでくる。

PP-VTC 763.JPG
Varig B767-300ER (PP-VTC)
以前はMD-11で乗り入れていたが敢えなく撤退。新生ヴァリグになってB6で復活した。

EC-JQV MD83.JPG
RealMadrid MD-83 (EC-JQV)
"銀河系軍団"レアルマドリード専用機。OPはスイフトエア

EC-KJI MD87.JPG
Pronair DC-9-87 (EC-KJI)
突然B74Fを導入して波に乗るプロンエア。
この塗装は格好良すぎる・・・

CU-T1251 IL96.JPG
CUBANA de Aviacion IL-96-300 (CU-T1251)
永らく続いたカストロ議長体制は終わったが、依然として共産国家のキューバ。IL-62に変わるニューフェイスは当然IL-96

EC-IOO 743.JPG
Pullmantur Air B747-300 (EC-IOO)
スペインのチャーターエアライン。3機保有のB747にはそれぞれ"Fantasy" "Dreams"と愛称が付いている。本機は"Illusions"

EC-IYI 738 Baixas.JPG
Air Europa Lineas Aéreas B737-800 (EC-IYI)
Air EuropaではいろんなSPL機が活躍中だが、一番派手なのはコヤツ。
ワインの産地として世界的に有名なリゾート"Rias Baixas"のプロモ機。

EC-IGZ DC-8-73F.JPG
CYGNUS AIR DC-8-73F (EC-IGZ)
MADベースのシグナスエアではエイトが元気に活躍中。
タグ:Spotting
posted by mistral at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 Feb. Madrid / Paris